会員総会・第10回学術大会 2019年9月1日(日)


会  場:
東京大学(東京都文京区本郷7丁目3-1)

アクセス:
■東京メトロ丸ノ内線/本郷三丁目駅 徒歩8分 ■都営地下鉄大江戸線/本郷三丁目駅 徒歩6分
■東京メトロ千代田線/湯島駅または根津駅 徒歩8分 ■東京メトロ南北線/東大前駅 徒歩1分


大会テーマ:
「法教育のこれから ~ 学会設立10年を振り返りながら」
*プログラム等、詳細は決まり次第こちらに掲載します。

《参加費等について》
  大会参加費・・・・・・・・ 会員:無料、 会員外:1,000円
  懇親レセプション参加費・・ 会員、会員外とも:5,000 円


* webからの申込みは締め切りましたが、事前申込みのない方のご参加も歓迎します。

《発表募集について(正会員対象)》* 今年の発表の募集は6月28日をもって締切りました
正会員を対象に、下記の要領で今年の自由研究発表ポスターセッション&ブックトークを募集します。
〈自由研究発表〉
発表時間: 9月1日(日)午前中。原則として、発表20分+質疑応答7分程度(予定)
申込み方法: 申込用紙に記入の上、事務局へメール、FAX、郵送のいずれかの方法で送付する
申込み締切: 6月28日(金)事務局必着
発表資料: 各自ご用意のうえ、指定の日時までに事務局へ送付するか、当日会場へお持ちください。(印刷部数等、詳細は別途ご連絡します)
テーマ: 法教育に関する発表であれば特に制限はありません。

〈ポスターセッション&ブックトーク〉
発表時間: 9月1日(日)昼休み中(予定)
申込み方法: 申込用紙に記入の上、事務局へメール、FAX、郵送のいずれかの方法で送付する
申込み締切: 6月28日(金)事務局必着
発表資料: 各自ポスター等の発表資料をご用意のうえ、当日会場へお持ちいただき、所定のパネルに各自で掲示・撤去してください。(発表用パネルの大きさ等、詳細は別途ご連絡します)
テーマ: 法教育に関する発表・ブックトークであれば制限はありません。

《前日イベント「教材作成ワークショップ」について》
満席となりました。今後のお申込みはキャンセル待ち扱いとなります。(6/3現在)
学術大会前日に法と教育学会企画委員会主催の「教材作成ワークショップ」を開催します。
日  時: 2019年8月31日(土) 10:30~18:00
会  場: 商事法務研究会会議室
(最寄駅:茅場町駅〔東京メトロ東西線/日比谷線〕
・八丁堀駅〔東京メトロ日比谷線/JR京葉線〕)
対  象: 「法教育」の教材作成に興味がある学校教員他(先着20名)
参加費: 1000円(昼食代込)
内  容: 今回は新しい試みとして、事前指定した古典文学等を素材に受講者を生徒役にした
ソクラティック・メソッドでの模擬授業を木庭先生に行っていただきます。
そこから、どんな教材化のヒントを得るかは受講者次第です。
講師による話題提供の後、さっそくその場で学習指導案を作成していただきます。
意欲的な受講者をお待ちしています。
講  師: 木庭 顕先生 (東京大学名誉教授)〔ローマ法〕
持ち物: Word搭載のPC、保存用のUSBメモリなど付属品、教材作成で使用する資料等
※ 事前課題があります
申込方法: 事前の申込みが必要です。氏名・所属・電話番号(当日連絡がつくもの)を明記のうえ、
事務局までメールでお申し込みください。
<チラシ>
    PDFダウンロード(約500KB)


〈課題研究発表〉* 課題研究発表の募集は締切りました。自由研究発表は6月28日まで募集中ですのでそちらをご検討ください
発表時間: 発表18分(予定)
申込み方法: 申込用紙に記入の上、事務局へメール、FAX、郵送のいずれかの方法で送付する
申込み締切: 3月15日(金)事務局必着
テーマ: 「災害と法教育」(詳しくはこちらをご確認ください)
発表レジュメ: 各自ご用意のうえ、指定の日時までに事務局へ送付するか、当日会場へお持ちください。
(印刷部数等、詳細は別途ご連絡します)
その他: 企画委員会による選考があります。残念ながら課題研究枠の選考から漏れた場合には、
一般の自由研究発表枠での発表となります。選考結果は、3月中に個別に通知いたします。

プログラム


7/1UP    
*発表者等、一部変更になる可能性があります。
    
   法と教育学会 会員総会・第10回学術大会
   2019年9月1日(日)東京大学

   今年のテーマは「法教育のこれから ~ 学会設立10年を振り返りながら」です。
    
(敬称略)    
9:30~ 受付
10:00~ 分科会 
12:15~ 会員総会 
12:45~ 昼休憩 *昼食は各自ご用意ください。
ポスターセッション&ブックトーク
14:00~ パネルディスカッション
「法教育のこれから ~ 学会設立10年を振り返りながら
1 学会設立前後の動きと思い
2 最近活躍する若手から
3 法教育のこれから
<パネリスト>
 ● 江口 勇治 (筑波大学名誉教授)
 ● 鈴木 啓文 (弁護士)
 ● 館  潤二 (元大正大学教授)
 ● 塩川 泰子 (弁護士)
 ● 長島 光一 (帝京大学法学部講師)
 ● 三浦 朋子 (亜細亜大学法学部准教授)
<司   会>
 ● 土井 真一 (京都大学大学院法学研究科教授)
 ● 村松  剛 (弁護士)
17:30~ 懇親レセプション(カポ・ペリカーノ〔医学部教育研究棟13階〕予定)

大会案内チラシ ・発表申込用紙等

<詳細版>8/19改訂版

    PDFダウンロード

<発表概要のダウンロード> (8/31更新)    

    自由研究発表の概要はこちらからご覧ください。